NOVA 3---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)

3.52
  • (8)
  • (27)
  • (25)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 296
レビュー : 36
HAL.Aさん 小説(アンソロジー)   読み終わった 

小川一水さんの「ろーどそうるず」がものすごくツボ。近未来のバイクの話。高度なAIを積んで、自分で走行レポート作ってをメーカーに送信するバイク、の一人称で描かれた短編。事故に遭い売られ盗まれと波瀾万丈な人生を辿るバイクのけなげさが切ない。
長谷敏司さんの「東山屋敷の人々」は背筋が寒くなるようなリアリティのある社会派SF。不老長寿の実現してしまった近未来の日本で変容していく家族のありようと人々の社会性。

レビュー投稿日
2014年8月10日
読了日
2014年8月10日
本棚登録日
2014年8月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『NOVA 3---書き下ろし日本SFコレ...』のレビューをもっとみる

『NOVA 3---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『NOVA 3---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)』にHAL.Aさんがつけたタグ

ツイートする