死ぬ気まんまん (光文社文庫)

3.72
  • (12)
  • (16)
  • (14)
  • (1)
  • (3)
本棚登録 : 216
レビュー : 21
著者 :
305さん 2018   読み終わった 

佐野洋子の本はどれも好きだがこれは特に好きだ。死にざまは生きざまだと思う。佐野さんはどっちも本当にかっこいい。

“私は利口ではないが、すごく馬鹿というわけでもないと思っていた。しかし、私は今度生まれたら「バカな美人」になりたい。この間、鏡で顔を見て、「あんた、その顔でずっと生きてきたんだね、健気だったね、偉かったね」と言ったら涙が出て来た。自分の健気さに。”(p.64)

レビュー投稿日
2018年1月19日
読了日
2018年1月19日
本棚登録日
2018年1月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『死ぬ気まんまん (光文社文庫)』のレビューをもっとみる

『死ぬ気まんまん (光文社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする