犬の記憶 (河出文庫)

3.50
  • (20)
  • (27)
  • (80)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 311
レビュー : 28
著者 :
halukoharuさん  未設定  読み終わった 

こんなにも時間や記憶、過去についての考え方が一致する人がこの世に存在するんだ!と感動すると同時に、つまりそれはそこら中の人が考えている普通の平凡な考え方なのである、ということに気づいて大いに落胆した。

大道さんも、みんなにシェアされやすい考え方を持っていたから、みんなに愛される大物写真家になったのである。「何を考えているか」だけじゃなくて、「それをどう表現するか」なんだなぁ。

それにしても、意外と考えていることや言っていることが難しくなく、自分を肯定するために他人の作品やらを一生懸命否定していた若い頃の辺りなど、とても親近感がわいてきた。このおじさんはたぶん正直なんだと思った。

レビュー投稿日
2012年11月11日
読了日
2012年11月11日
本棚登録日
2012年11月11日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『犬の記憶 (河出文庫)』のレビューをもっとみる

『犬の記憶 (河出文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする