誰も教えてくれない人を動かす文章術 (講談社現代新書)

3.47
  • (33)
  • (69)
  • (92)
  • (22)
  • (5)
本棚登録 : 968
レビュー : 102
著者 :
hamadさん 教養   読み終わった 

よくあるハウツー本といった感じだった。また、決めつけ文章が続き、しらけてしまった。こういった類の本はビシバシ決めつけ文章で書かれ、こうしなさい、ああしなさいと指示してもらえるところが魅力なのだろうか。「凡庸さは恥」だと、何の注釈もなく書いているあたりに違和感を感じずにはいられない。

全編を通じて小手先の技術を身につけるための本としか思えない。

レビュー投稿日
2012年2月15日
読了日
2011年10月5日
本棚登録日
2011年10月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『誰も教えてくれない人を動かす文章術 (講...』のレビューをもっとみる

『誰も教えてくれない人を動かす文章術 (講談社現代新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『誰も教えてくれない人を動かす文章術 (講談社現代新書)』にhamadさんがつけたタグ

ツイートする