溶けていく暴力団 (講談社+α新書)

2.96
  • (2)
  • (3)
  • (15)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 90
レビュー : 14
著者 :
小田 浩彦さん 法務   読み終わった 

社会的な締め付けの強化によって暴力団の世界におきている近年の変化を、実例を示しながら解説。
特に福岡県の工藤會に書かれていたので、その部分を読みたくて、図書館から借りました。

工藤會の構成員への電子メール発信と、サーバーを海外におき、立入検査があった場合、いったん事務所のパソコンの情報は消去し、検査が終わったあと復旧するという知恵には関心してしまった。
中東の放送局アルジャジーラ「ヤクザ特集」に日本語訳をつけてアップロードしたのも工藤會であると著者は行言っているが本当かな? (下記のYoutube)
↓  ↓  ↓
https://www.youtube.com/watch?v=-Ay-0IWMDKU

レビュー投稿日
2014年9月28日
読了日
2014年9月28日
本棚登録日
2014年9月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『溶けていく暴力団 (講談社+α新書)』のレビューをもっとみる

『溶けていく暴力団 (講談社+α新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする