TPP秘密交渉の正体 (竹書房新書)

4.00
  • (4)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 45
レビュー : 8
著者 :
小田 浩彦さん 世界経済など   読み終わった 

TPPが、農業、畜産、医療等において日本人の生活に大きな影響(悪い影響)を与える可能性が高いことが良く理解出来た。
今後、どんなに反対しても、米国多国籍企業の利権の為、米国政府の財政上の破綻の先延ばしの為、日本をTPPの罠に絡め取るだろう。アメリカによる抱き着き心中っていうことだろう。我々は、どうやって身を守るべきか?
(出版されたのが2013年12月と少し前の本なので、著者は只反対だけを唱えることを推奨しているが、現在の状況を見るとほぼ回避することは不可能になったのでは?)

レビュー投稿日
2015年8月16日
読了日
2015年8月16日
本棚登録日
2014年2月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『TPP秘密交渉の正体 (竹書房新書)』のレビューをもっとみる

『TPP秘密交渉の正体 (竹書房新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『TPP秘密交渉の正体 (竹書房新書)』に小田 浩彦さんがつけたタグ

ツイートする