おまけのこ しゃばけシリーズ 4 (新潮文庫)

3.78
  • (434)
  • (682)
  • (794)
  • (27)
  • (4)
本棚登録 : 4627
レビュー : 416
著者 :
つきみだんごさん 国内小説   読み終わった 

安定してきましたね。
ここぞのシーンはやはりとても絵画的で、
そのシーンのために書かれている感じがあります。

特に動く影が一番好きになりました。
うごめく不気味で妖しい影の中を、
手をしっかり握りあって走り抜ける大きい子小さい子。
病弱な一太郎も倒れることなく、むしろ初めての友達、
初めての大冒険にキラキラして走っている様子が目に
浮かび、ちょっと泣きそうになりました。

表題作のおまけのこもいいですね。
家鳴りは本当にペットのよう。
やることなすこと、なんだかうちのインコのようです。
犬を飼っている方はうちの犬っぽいなとか思われて
いるのでしょうか?

またじんわりと温かい気持ちを味わいたいので
シリーズの続きも読みます。

レビュー投稿日
2015年10月26日
読了日
2015年10月25日
本棚登録日
2015年10月26日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『おまけのこ しゃばけシリーズ 4 (新潮...』のレビューをもっとみる

『おまけのこ しゃばけシリーズ 4 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする