鼠、恋路の闇を照らす (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA (2020年12月24日発売)
4.00
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
感想 : 2
4

内容(「BOOK」データベースより)
大店“舟木屋”の娘を助けた徳山は、断りきれなかったお礼の歓待を受けた夜、妻の下へ戻ってこなかった。心配した妻のすがは、同じ道場に通う小袖を訪ねる。事情を訊いた小袖と次郎吉が共に“舟木屋”へ行くと、戸が閉っていた。たまたま勝手口から出て来た医者の千草から、娘が毒を飲んだと言われ、ことのあらましを訊くことに…。遊び人で鼠小僧の次郎吉は複雑な恋心を解き明かせるのか!?大人気痛快時代小説、第11弾!

令和3年4月21日~22日

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 2021年(令和3年)
感想投稿日 : 2021年4月22日
読了日 : 2021年4月22日
本棚登録日 : 2021年4月22日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする