ソウル-ベルリン玉突き書簡: 境界線上の対話

  • 岩波書店 (2008年4月16日発売)
3.75
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 37
感想 : 2
4

二人がお互いの近況、日々思うことなどを書簡にして交じり合いながら互いに影響されていく様子がいいです。
深い感受性を持って物事を見る多和田さん、物事を冷静に比較して捉えようとする除さん、ふたりの魅力が時に掛け合わされ、すれ違いもありながら絶妙な共和音が響いてる感じです。
とても読みがいがあります。

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 図書KAaaaaaaaN
感想投稿日 : 2008年12月11日
本棚登録日 : 2008年12月11日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする