夢をかなえるゾウ2 文庫版

3.74
  • (95)
  • (181)
  • (147)
  • (25)
  • (5)
本棚登録 : 1708
レビュー : 145
著者 :
hannatsumeさん 自己啓発本   読み終わった 

○本を選んだ理由
前作を読み、面白かった記憶があったので読んだ。
「夢をかなえるゾウ」を初めて読んだのは学生時代であった。社会人になり、色々な事象に悩まされる中でまた自分を奮い立たせる力をもらおうと思い、読むに至った。

○こんな方にオススメ
コミカルなタッチで書かれており、数時間で読める。
節々に登場する逸話や格言はとてもためになるが、ストーリーの中に自然と入れ込まれており、全く押し付けがましくない。
小説を読むような気持ちでさらりと読めるので、いわゆる"自己啓発本"が苦手なタイプの方にもオススメ。
大ヒットした一作目を読んでなくても問題なし。

○本の概要
脱サラしてお笑い芸人を目指す主人公西野が、ガネーシャというゾウの姿をしたヒンドゥー教の神と出会い、人生を好転させていく物語。
西野は、突然現れたガネーシャのせいで闇金から追われる身になってしまう。もう後がない状況になり、ガネーシャと組んでお笑いのコンテストに参加することになった。
度重なるガネーシャの自由奔放な行動に惑わされながらも、一等賞金1000万円獲得に向けて直向きに努力する西野。しかし、コンテストで勝ち進む中、優勝を諦めざるを得ないある重大な事実を知ってしまった。
壁にぶち当たった西野がとった行動とはー。

○引用・感想
ガネーシャは、人が何かに憧れるとき、その世界が「夢の国」のように見えるものだと言った。その理由は、その事の中にある辛いこと、悲しいことに目を向けないからだと。
でも、だからこそ人は『憧れ』を目指すべきだと続けた。

「自分の知らへん場所は、思いもよらんかった色んな経験をさせてくれる。つまり、そこは自分が一番成長できる場所やねん。せやから、憧れる場所に飛び込んで、ぎょうさん経験して成長した人間が、自分にとって一番向いてることを見つけたときーー自分にとっても、お客さんにとっても、最高の状態を生み出すことができんねんで」

誰しも大小様々な『憧れ』を持っていると思う。しかし、それを実現しようというエネルギーをもてる人ばかりではない。
そして、それを実現しようとすると、急に現実が明るみになり、辛く悲しい側面が見えてくる。ここで諦める人も多いだろう。
しかし、その側面を自分を成長させてくれる経験と捉えれば、『憧れ』に向かう険しい道も、ポジティブに捉えることができるのではないか、そのように考えさせられた。

○最後に
笑い・友情・恋愛全てを詰め込んだサクセスストーリーの中に、人生のためになるエッセンスが凝縮されている。
肩の力を抜いて、楽しみながら読める自己啓発本である。
3作目も読みたいと思わせられる。

レビュー投稿日
2018年9月26日
読了日
2018年9月26日
本棚登録日
2018年9月26日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『夢をかなえるゾウ2 文庫版』のレビューをもっとみる

『夢をかなえるゾウ2 文庫版』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『夢をかなえるゾウ2 文庫版』にhannatsumeさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする