存在しない小説

3.34
  • (7)
  • (21)
  • (19)
  • (7)
  • (4)
本棚登録 : 272
レビュー : 27
八百さん  未設定  読み終わった 

「想像ラジオ」に次いでせいこう氏2冊目、死生を論じた前回とは打って変わってあくまでもライトにそしてノリがいい!とはこういう事を言うのだろうな的な企みに満ち満ちた短編集。
ぶっちゃけ言ってしまえば世界文学のパロディ(揶揄を廃した正当の)なのであるがこの出来が素晴らしくそれだけでも十二分に楽しむことができる。しかしこの作品の醍醐味はあくまでも「存在しない小説」でありこのクリエイティブな命題に挑戦しないのは勿体無さすぎる。
幸いにも随所に編者解説がありわかりやすくまとめられてはいるもののやはりこの実験のレヴェルは高度で…わかったふりをしておこうw。
でも面白いですよこの本

レビュー投稿日
2016年4月29日
読了日
2016年4月29日
本棚登録日
2016年4月29日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『存在しない小説』のレビューをもっとみる

『存在しない小説』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする