私はフーイー 沖縄怪談短篇集 (幽BOOKS)

3.69
  • (23)
  • (72)
  • (60)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 384
レビュー : 91
著者 :
八百さん  未設定  読み終わった 

かんかんと降り注ぐてぃだの光のイメージとは裏腹に歴史に翻弄され暗黒の闇をも内包する島国沖縄が舞台の短編集。
だがそれはキジムナーやマジムンの類の伝統的な民話説話ではなく全くもって恒川氏のオリジナル、クームンやヨマブリなどあたかものそうであるかのような創作には改めて「巧いな」と素直に感心してしまう。
とは言うもののそこは怪談専門誌「幽」の掲載作品だけにグロさやエグさが前面に出ており読後感はあまりよくない(亀甲墓やガマと殺人死体遺棄を結びつける発想はいただけない)
やはり恒川さんには下手にテーマに縛られることなくあの独自の幻想的な世界感の作品を期待したいものです

レビュー投稿日
2015年6月5日
読了日
2015年6月5日
本棚登録日
2015年6月5日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『私はフーイー 沖縄怪談短篇集 (幽BOO...』のレビューをもっとみる

『私はフーイー 沖縄怪談短篇集 (幽BOOKS)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする