国家の品格 (新潮新書)

3.42
  • (555)
  • (854)
  • (1809)
  • (243)
  • (115)
本棚登録 : 6848
レビュー : 1123
著者 :
happymissyさん その他   読み終わった 

不覚にも泣いてしまった。著者は数学者で論理についての持論、日本人の特質、文化、美意識から私たちにメッセージをおくっている。天才の生まれる風土について、国語言語が国家であり独自の文化であること、国際人に必要なのは国語力をつけることで中途半端な英語力ではないこと。あとは論理的で合理性をすすめるアメリカ民主主義の閉塞感を打開することができるのは日本の武士道精神や情緒であるというのも面白い。論理的であることが正しいと言えない理由を、論理展開の出発点の確からしさに論理展開時の確立との積で考える発想は流石に数学者らしく美しい。現在の鬱屈した閉塞感を打ち破るエネルギーのある書で、自国の文化をよく知らず日本語の勉強をおろそかにしている私達には必読の書といって良い

レビュー投稿日
2013年9月8日
読了日
2013年9月8日
本棚登録日
2013年9月1日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『国家の品格 (新潮新書)』のレビューをもっとみる

『国家の品格 (新潮新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする