殿様は「明治」をどう生きたのか (歴史新書)

3.21
  • (2)
  • (3)
  • (11)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 74
レビュー : 7
著者 :
伊藤茶さん 歴史   読み終わった 

歴史の教科書では廃藩置県の後に東京居住を命じられたくらいは記載されていたかなと思うけど、その後に意外と官僚やらに任命されている様子。
ま、そこそこお金持ちで海外留学までさせてもらえていれば、外交官としては重宝がられたというところだろうし、政治の経験もあれば明治政府としては即戦力として使えたんだろう。
本書で紹介された殿様はまだいい人生を送れた部類だろうけど、巻末に紹介されている江戸三百藩最後の藩主の内、反対に惨めな人生を送った殿様はどうだったのかも気になるところ。

レビュー投稿日
2015年1月25日
読了日
2015年1月25日
本棚登録日
2014年12月8日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『殿様は「明治」をどう生きたのか (歴史新...』のレビューをもっとみる

『殿様は「明治」をどう生きたのか (歴史新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

河合敦の作品一覧

河合敦の作品ランキング・新刊情報

ツイートする