みじかい眠りにつく前に 3 (ピュアフル文庫 ん 1-13)

3.40
  • (5)
  • (17)
  • (29)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 174
レビュー : 27
haribogummiさん  未設定  読み終わった 

2より好みの作品が多くて嬉しかったです。

サトウキビの森:4
⇒あらすじは、沖縄の少女の恋と失恋…というだけだが、途中にお婆さんのシーンを挟むことで面白みが出ている

美少女コンテスト:4
⇒以前読んだことがあるが、やはり小川洋子さんの作品は良いな~と改めて感じた。こういう短編セレクションで他の作家さんに挟まれていると、なんだか知らない人の中で突然知り合いに会えたような気持ちになります。

炎:5
⇒冒頭と最後の現在の自分(冬)と、メインの小学生の自分(夏)の対比が美しく、今回の掘り出し物。

A:4
⇒今時のSFものといった感想を持ちました。

道ばたさん:3
⇒道ばたさんというタイトルではあるものの、道ばたさんの記憶などは実は物語にとってどうでも良い事柄なのが面白い。

予言:4
⇒"予言"というオカルトチックで非日常的な世界と、離婚して家を出て行く超日常的な世界を組み合わせたことが凄いなと感じた。

雪女郎:3
⇒何かになりたいけど、結局変われない悲しさと諦めが漂う作品。

血と水:5
⇒よしもとばななさんは、やっぱり面白いなぁと改めて思った作品。作品の中に、毎回ドキリと(またはギクッと)するような文章が2,3ある。ばななさんの作品は、まだ未読のものも多いので、全部読破したい。

火事とポチ:3
⇒淡々と読み進めて気付いたら終わっていた作品。

猫町:3
⇒自分の好みではないけれど、やりたいことも言いたいことも分かるし、そして一つの小説の完成形なのだろうなぁと考えました。でもやはり好みではない。

レビュー投稿日
2012年11月20日
読了日
2012年11月15日
本棚登録日
2012年11月20日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『みじかい眠りにつく前に 3 (ピュアフル...』のレビューをもっとみる

『みじかい眠りにつく前に 3 (ピュアフル文庫 ん 1-13)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする