サティン入江のなぞ

  • 岩波書店 (1986年7月16日発売)
3.94
  • (6)
  • (4)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 35
感想 : 5
5

好きだった人の弟と結婚した母。そろそろ家族よりも恋人と過ごす時間が増えてきた兄。細く開けたドアの隙間からすべてを見ている祖母。なんとなく不安なケートの日常。
ある日、一通の手紙でおばあちゃんと母が動揺。お父さんのものだと思っていた墓石がなくなる。
最終的にケート一家は再生してハッピーエンド、だが、もう一人のおばあちゃんの存在が重要で、ピリリと引き締まる。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 児童書
感想投稿日 : 2018年1月3日
読了日 : 2009年5月3日
本棚登録日 : 2018年1月3日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする