家守綺譚 (新潮文庫)

4.15
  • (1269)
  • (764)
  • (722)
  • (47)
  • (13)
本棚登録 : 6334
レビュー : 934
著者 :
harinoさん  未設定  読み終わった 

初読。自然の描写がとても美しかった。自分は「ススキ」が特にすき。繊細な描写なのに、掴み切れないという印象は先に読んだ『滞土録』以上に感じる。不思議が普通にあって、境界が曖昧。曖昧だけど確実にある境界のごく近くで、こちら側にいるのが綿貫であちら側にいるのが高堂。似ているけど対照的。個人的には『滞土録』のほうがすきかな。

レビュー投稿日
2014年3月8日
読了日
2014年3月8日
本棚登録日
2014年2月24日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『家守綺譚 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『家守綺譚 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする