雪の翼のフリージア (電撃文庫)

3.75
  • (7)
  • (29)
  • (17)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 165
レビュー : 21
著者 :
霧崎寧々さん  未設定  読み終わった 

翼を失い飛べなくなったフリージアが再び大空を目指す話。

気の強いフリージアと無愛想なガレットの組み合わせは面白いし、細かく練られた世界観の設定も好き。
確かにむかつくと思った人が尊敬する人だったら、どう接していいか分からなくなる。

ただ、フリージアの飛翔士としての目的や、レースに仕組まれた陰謀など、ストーリーの大事な部分についてあまり触れられていないのが薄っぺらい印象になってしまい残念。

飛翔士の女の子がみんな巨乳なのは分かるが、人間の腕の部分と鳥の翼の部分が同じなのだから、骨格的に彼女たちの腕と翼がどうなっているのだろうか、というのは疑問。

それにしても天才飛翔士として活躍したのち、転職しても天才的な義翼職人として活躍しているガレットの多才さが羨ましい。

レビュー投稿日
2017年3月27日
読了日
2017年3月21日
本棚登録日
2017年3月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『雪の翼のフリージア (電撃文庫)』のレビューをもっとみる

『雪の翼のフリージア (電撃文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする