終わる世界のアルバム (メディアワークス文庫 す 1-2)

著者 :
  • アスキー・メディアワークス (2012年10月25日発売)
3.46
  • (14)
  • (36)
  • (38)
  • (8)
  • (5)
本棚登録 : 404
感想 : 31
3

世界から何の前触れもなしに人間や記憶などの痕跡が消滅しても、思ったより普通に生活できている。
周囲の記憶にはないのに自分だけ消失した人々の記憶を保持し続けるのは結構つらいと思う。
「サクラダリセット」の主人公の少年や、「密やかな結晶」の世界みたい。
途中までは良かったのに、奈月が話に関わってきたあたりから頭の中が?という状態になった。
結局、奈月はどうなったの?
消えたのなら何で莉子が奈月を覚えているの?
消えていないのなら話の前提が変わるし。
記憶の消去にはタイムラグがあるのだろうか?
DJサトシのラジオが結構いい味出していた。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2017年2月19日
読了日 : 2016年7月15日
本棚登録日 : 2017年2月19日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする