タイムカプセル浪漫紀行 (メディアワークス文庫)

3.46
  • (2)
  • (3)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 6
著者 :
霧崎寧々さん  未設定  読み終わった 

温かくも読んでて切なくなってくる話だった。
確かに死んだ幼馴染が突然現れたら誰でも驚くと思う。
明日香があの花のめんまみたいだと思った。

それにしても優しい先生や幼馴染に恵まれて羨ましい。だからこそ英一は復活できたのかな、と。

話自体は幽霊ものの王道まんまだが、王道的な意味で面白かった。
ただ、作品の設定自体に個性はないように思えた。
父親の話も思ったよりもあっさりとしているし、多少物足りないような気はする。

やっぱり私はいつものロボット感動モノの松山さんの作品の方が好き。

レビュー投稿日
2017年3月27日
読了日
2017年3月23日
本棚登録日
2017年3月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『タイムカプセル浪漫紀行 (メディアワーク...』のレビューをもっとみる

『タイムカプセル浪漫紀行 (メディアワークス文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする