試みの岸 (講談社文芸文庫 おI 3)

3.33
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
著者 :
harnafriさん  未設定  読み終わった 

三部からなる連作中篇。人生の苦悶に行き当たったとき、ある者は自らを殺め、ある者は他者を殺め、またある者は人間存在を逸脱して馬に転身し……馬 に、転 身 し ! 冒頭からいぶし銀な文体と内容が展開されるところ、第二篇では突然のぶっとんだ、怪奇的な脱皮におののかされた。

物語は海辺の集落が舞台。命のやりとりはすべて海に面した崖や岩場で繰り広げられるし、彼らの思考は波に弄ばれているような、風に煽られているような、そんな逼迫した趣がある。
とにかく人の心のあり様は重苦しく、海も黒黒と不気味である。
ただ、人物ひとりひとりの心理を細やかに描く一方で、広大な太平洋、原初としての海の存在感が圧倒的で、人の生のあはれというものを感じずにはいられない。

また、はじめ二篇は三人称小説でごりごり攻めてくるのだけど、最後の一篇だけ今度は村娘の一人称語りに転じ、つまり急にころっとかわいげがでてくるのも印象的。終末的に暗い情景に、好きな人に抱きかかえてもらえるなら怪我もうれしい、なんて思ってる自分おかしい、と胸キュン独白が飛び出してくるからいろんな意味で胸に迫る。

レビュー投稿日
2017年12月24日
読了日
-
本棚登録日
2015年11月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『試みの岸 (講談社文芸文庫 おI 3)』のレビューをもっとみる

『試みの岸 (講談社文芸文庫 おI 3)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする