白い人・黄色い人 (新潮文庫)

3.40
  • (55)
  • (99)
  • (267)
  • (21)
  • (5)
本棚登録 : 1239
レビュー : 111
著者 :
haroldさん  未設定  いま読んでる 

絶望を知る「白い人」に対し、「黄色い人」はただ疲労するだけなど、日本人はキリスト教を理解し得ないのではないか、という信仰に基づく懐疑を、感情から掘り下げている。解説の通り、初期作品であり後に遠藤文学で大きく展開されていくテーマが既にはっきり現れている。

レビュー投稿日
2019年4月5日
本棚登録日
2019年4月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『白い人・黄色い人 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『白い人・黄色い人 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする