にんげんだもの 逢 (角川文庫)

3.77
  • (64)
  • (55)
  • (106)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 468
レビュー : 66
著者 :
haruharu5050さん 教養   読み終わった 

帰省した時に母から借りて読んだ本。

タイトルは、ネットやテレビでよく出ていて知っていたが、流行りの若造の自己満足本という先入観で読んだことはなかった。

読んでみて、悩み事があったりして弱っているときに読んだらいいかもと思った。

平常時に読んだからか「だから?」「良いこと言ったように思わせたいのか?」と思った。
心が美しくないからかもしれないが・・・

あと、習字?の部分は字がかすれているのと、改行位置で読みづらかった。
また、見開きの中央部分が見づらいは、何とかしてほしい。

ただ、作者が大正生まれで30年以上前の話とあったので、ビックリした。
人間の本質的なところは昔から変わらないんだなぁと再認識できたと思う。

レビュー投稿日
2014年8月12日
読了日
2014年8月12日
本棚登録日
2014年8月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『にんげんだもの 逢 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『にんげんだもの 逢 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする