死神の浮力 (文春文庫)

3.78
  • (162)
  • (427)
  • (271)
  • (33)
  • (8)
本棚登録 : 3056
レビュー : 283
著者 :
harutomo0307さん  未設定  読み終わった 

千葉(死神)が山野辺(今回調査される人)を調査する7日間で構成される。
1日毎に分けられていて、語り部も千葉と山野辺と交互に描かれている。
物語の進め方や、構成、回想シーンをどのタイミングで織り交ぜるかなど、自然で秀逸。

冷静で人間感情が乏しい悪者と、クールになりきれない知的な人間味溢れる主人公。
さて、どうなるか。
ワクワクして読める。

死神の精度と合わせて読むのがおススメ。

不寛容にも寛容であるべき。
身につまされる。

愛しき死神、されど死神。

レビュー投稿日
2018年9月29日
読了日
2018年9月29日
本棚登録日
2018年9月28日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『死神の浮力 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『死神の浮力 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする