教育とは何?-日本のエリートはニセモノか (中公新書ラクレ)

3.88
  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 8
haruさん Study   読み終わった 

教育の目的は「自由になること」。

通信簿、相対評価、道徳教育、偏差値主義、一斉入試、シラバス通りの授業。
日本の教育システムに「なぜ?」を突き付けていくおふたり。
進学校で悩み、不登校になり、その後大学でのびのびと学びに触れ生き返ることができた私にとって、
そうだよな~~わかる!!と思えるエピソードが満載でした。
学生の時に、こんな大人と出会いたかった。

おふたりの真剣さ、誠実さ、教育を思う気持ち、思考力、
そして柔らかさを尊敬します。

茂木先生の言葉が好きです。
「今目の前にいる子どもを救わなかったら、意味がないんです。
その子たち行っちゃうんだもの。どんどん次に。
だから、今闘うしかないの。」

レビュー投稿日
2017年9月17日
読了日
2017年9月17日
本棚登録日
2017年9月17日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『教育とは何?-日本のエリートはニセモノか...』のレビューをもっとみる

ツイートする