ビジネスマンの父より息子への30通の手紙 新潮文庫

3.78
  • (273)
  • (337)
  • (340)
  • (60)
  • (14)
本棚登録 : 3225
レビュー : 359
わたしさん  未設定  読み終わった 

タイトル通りの本。著者は読書家のようだ。多くの本から例を引用している。中でも、「ガルシアへの書簡」は印象深い。最後の手紙には息子に社長の座を譲り、引退した後は息子の経営方法には口出ししないと書いてあり興味深い。知識と経験を兼ねそろえた父親が息子の人生を心配している。長く存在しているだけの人にはなりたくないと思った。

レビュー投稿日
2012年8月1日
読了日
2012年8月1日
本棚登録日
2012年8月1日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ビジネスマンの父より息子への30通の手紙...』のレビューをもっとみる

『ビジネスマンの父より息子への30通の手紙 新潮文庫』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする