故事成語 (講談社現代新書 1074)

著者 :
  • 講談社 (1991年11月1日発売)
3.25
  • (0)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 48
感想 : 5
3

 中国は「文」もしくは「書」という重大な考えがあり、いったいそれが何なのかを知る、ヒントとなるような一冊。「刎頸の交わり」をはじめ、中国には友情や朋友にかんする成語が多い。P50では、「中国社会はもともとどちらかといえば、法律やきまりによってではなく、人と人との個人的な人間関係によって動いており、人間関係によって動く社会においては、何にもまして友情や交際が重視されるからである。」「その接し方の濃密さは一通りではなかったのである」とある。
 もう一つあるのは、P65。
「もし劉備が、二回目で訪ねるのをやめていたなら、おそらく孔明は、なぜ訪ねてくれなかったのかと、地団駄を踏んでくやしがったことだろう。とすれば「三顧の礼」ということばは、「三国志」にはじまるかもしれないが、そのような風習は、すでにそれ以前から中国に存在していたのではないかと思われる」「今でも中国では、人に仕事を頼むときなど……一、二回頼んで、もう脈がないとあきらめたなら、かえって相手の面子を失わせ、礼儀知らずと恨まれることになる。」など、故事成語の文字、文、書、そこにある硬さ、面子、礼儀、時間は、習慣の中にあり、守られている。無限に膨らむ注釈と訓詁。決して譲らない故事成語の国。
 それから、大器晩成の項目で沈徳潜という男を知った。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 中国
感想投稿日 : 2016年3月6日
読了日 : 2016年3月6日
本棚登録日 : 2016年3月6日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする