体制維新――大阪都 (文春新書)

3.87
  • (128)
  • (293)
  • (149)
  • (22)
  • (5)
本棚登録 : 1413
レビュー : 275
hataworld4さん ビジネス   読み終わった 

大阪都構想について述べている本。
住民ではないので今までわからなかったが、大阪市内の区長は大阪市職員(公務員)であり、選挙で選ばれた民間の代表ではなく、人事異動に伴って変わっていくこと。一つ一つの区(自治体)に権限も決定権も無いこと。府、市、区の大きさと自治。それを考慮して都という構想を持ち改革を起こしていく。仕組み、システム、体制を変えなければ物事は前に進まない。知らなかった大阪について学べた。

レビュー投稿日
2013年5月31日
読了日
2013年5月24日
本棚登録日
2013年5月31日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『体制維新――大阪都 (文春新書)』のレビューをもっとみる

『体制維新――大阪都 (文春新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする