進撃の巨人(7) (講談社コミックス)

3.97
  • (300)
  • (430)
  • (255)
  • (32)
  • (3)
本棚登録 : 4478
レビュー : 198
著者 :
はちのさん  未設定  読み終わった 

久しぶりにこの漫画らしい良い感じの絶望感と引きだった。

しかしこの漫画はこの漫画でかなーり物語の進行遅いよねぇ。もう7巻だけどまだまだ物語の終わりが全く見えない。もうそろそろ中盤まで差し掛かっているのか、それどまだ序盤なのか、いまいち掴み切れない。

最近はなんだか結構死人も少ない感じでちょっとばかし安心してたんだけど撤退中に談笑始まったあたりから「おいおいやめてくれよヤバイよ……」みたいな感じで死亡フラグがバリバリ立ち始めて予想通り何名か逝ってしまった。これからエレンと共に戦って行く仲間のような感じだっただけに結構ショック。

そしてその仲間の骸を見つめるリヴァイ隊長の目がなんとも言えない。しかしこのリヴァイ隊長が死ぬ時がくるかもしれないと考えるとその時が一番ショックがでかそうだなぁ………

この漫画が面白いのは主人公たちの敵が巨人だけでなく、むしろ街の民衆からも忌避されているような雰囲気が強いということ。視点を変えれば単純にヒーローとは言えないところだ。ただ進行は遅いにしても徐々に徐々に巨人の秘密も解き明かされ始めるてはいる。一体エレンたちは最終的になにと戦っていけばいいのかがすごく気になる。次巻が待ち遠しい。

レビュー投稿日
2012年4月9日
読了日
2012年4月9日
本棚登録日
2012年4月9日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『進撃の巨人(7) (講談社コミックス)』のレビューをもっとみる

『進撃の巨人(7) (講談社コミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする