風が強く吹いている

4.40
  • (1923)
  • (759)
  • (541)
  • (20)
  • (11)
本棚登録 : 5593
レビュー : 1330
著者 :
雄志さん 2019年   読み終わった 

アニメを見ていたので、内容は全部知っているんだけれど、箱根駅伝のとこはもう涙涙のグズグズだった。箱根駅伝は良いぞ……。
走の心の成長、強さを知る1年が本当に充実していてこんな分量で終わっちゃうの?!ってなった。特に青竹のメンバーが最初にハイジに半ば脅されて(?!)走ることになった時に、走ることが普通であり、当然の行為ではないと走が初めて知った驚きは言葉にはしないけれどもすごい大きな気づきだったと思う。
メンバーそれぞれ抱えているものがあって、箱根に出ることにそれぞれ意味があって、でも襷を繋いで行くことの目的は皆同じで。
勝ち負けではない、みんなで繋ぐことに大きな意味があるって。もうその言葉だけでサッポロビールのお正月のCM思い出してしまって涙出る。箱根駅伝を見るのは正月の恒例行事なので、毎年チェックしているけれど、見え方がまた変わってきそうだし、ますます箱根駅伝が好きになった。そして走ることにも。

レビュー投稿日
2019年4月27日
読了日
2019年4月28日
本棚登録日
2019年4月13日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『風が強く吹いている』のレビューをもっとみる

『風が強く吹いている』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『風が強く吹いている』に雄志さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする