婦人の過去と将来の予期

3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
レビュー : 1
著者 :
雄志さん 2019年   読み終わった 

 自由恋愛が事実上解禁になり、恋愛を経て結婚することが増えてきた頃か?芥川も「恋愛と夫婦愛とを混同しては不可ぬ」のなかで、恋愛と結婚後の関係は別物だと言っていた。そもそも見合いだと、この人と夫婦になるのかと言った割り切った感があったと思うのだけれど、恋は盲目ともいうべきか、恋愛は勢いが強いと思う(といって、付き合っている人すらいない自分が言うのもなんなのだが)。
 ここでは、恋愛をどこまでも追い求めて、破滅する女性もいると警鐘を鳴らす。今に限ったことではないけれど、難しい。

レビュー投稿日
2019年1月6日
読了日
2019年1月6日
本棚登録日
2019年1月6日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『婦人の過去と将来の予期』のレビューをもっとみる

『婦人の過去と将来の予期』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『婦人の過去と将来の予期』に雄志さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする