ひとりすまう

著者 :
  • 青空文庫 (2011年8月18日発売)
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
感想 : 2
4

 独り相撲、なるほど……。若いからこうなってしまったのかもしれないし、それでも良かったのかもしれないし。
 明日子と主人公の出会い方がすごい。死にそうに見えた明日子に「あなたは死ぬんじゃありませんか?」って言ってしまった主人公に対して、喀血しているあなたの方が死にそうだって返すあたりから、関係は始まっていたんじゃないかなとすら思う(早とちりかもしれないけど、きっかけには十分なったと思う)。轡川と別れるきっかけとなっていたけれど、それでも複雑だったと思う。「夫婦善哉」とはまた違う感じだけれど、主人公が予期したように関係が戻りそうでもある。主人公はかわいそうな初恋(たぶん)だけれどー……。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 2020年
感想投稿日 : 2020年5月6日
読了日 : 2020年5月6日
本棚登録日 : 2020年5月6日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする