夜のピクニック

3.77
  • (961)
  • (1074)
  • (1510)
  • (101)
  • (28)
本棚登録 : 6062
レビュー : 1161
著者 :
葉明さん 恩田陸   読み終わった 

再読です。名作です。
いつも文庫しか買わない私が、
新刊でハードカバーを買ったという珍しい1冊です。

「時間の感覚というのは、本当に不思議だ。
あとで振り返ると一瞬なのに、
その時はこんなにも長い。」

受験期を目前に控えた高校3年生最後の行事、
夜間歩行中の主人公の心情を説明した
上記の一節が本当に胸に染みるのです。
そして、他にもぐっとくる一節いっぱい。

高校生活って、どうしてこんなに刹那的なんだろう。
大人になりたくて、でもこのままでもいたくて、
あふれる生命力を持て余してうずうずしている。

読書感想文で生徒にたまに薦めていますが、
本当は高校を卒業した人に薦めたい。
きっと共感できる一節が見つかるはずだから。

レビュー投稿日
2010年4月3日
読了日
2010年4月3日
本棚登録日
2010年4月3日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『夜のピクニック』のレビューをもっとみる

『夜のピクニック』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする