日本の雇用と労働法 (日経文庫)

著者 :
  • 日本経済新聞出版 (2011年9月16日発売)
4.20
  • (25)
  • (24)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 303
感想 : 18
5

多くの問題が指摘される日本型雇用システム、その特徴と成立過程を戦前~戦後の労働法の歴史を交えて説明している。

日本型雇用システムの全体像を俯瞰することができ、労働法の入門書としておすすめ。

戦時中の「『皇国の産業戦士』として平等」と言う思想が、戦後に社会主義的装いで再確認されたとあり、なかなか興味深い。

なるほど、労働というひとつの観点であっても、この国は戦前も戦後も社会主義的であったと言うことか。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2013年2月5日
読了日 : 2013年2月5日
本棚登録日 : 2012年12月12日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする