もういちど生まれる (幻冬舎文庫)

3.78
  • (124)
  • (248)
  • (194)
  • (23)
  • (5)
本棚登録 : 2399
レビュー : 233
著者 :
heepeecoさん    読み終わった 

あの、20歳前後のヒリヒリした感じを、なつかしみつつも、まだわかる、と思ってしまう。これは描き方がうまいのか、私が育ってないのか(両方だ)。「すごい」人に対する妬みからの自己比較からの諦め。からの一筋の光。ここが、大人になると「身の丈」に落ち着く。甘んじるのではなく。それはやっぱりちょっとさみしいけど、ってなんの話だっけ。若さ、甘酸っぱさ、青臭さ。ああ、なつかしい、だけじゃない感情も、ちゃんと引っ張り出してくるこの人の作品、50近くにもなって言うのは恥ずかしいが、好きだなあ、と思います。

レビュー投稿日
2019年5月20日
読了日
2019年5月20日
本棚登録日
2018年5月20日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『もういちど生まれる (幻冬舎文庫)』のレビューをもっとみる

『もういちど生まれる (幻冬舎文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする