姫と騎士たち

著者 :
  • KADOKAWA (2020年12月23日発売)
4.67
  • (8)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 64
感想 : 6

Twitterで連載されたお話のまとめ本。
大学の漫画サークルを舞台にした群像劇。おもしろいし、コンプレックスを乗り越えて輝いていく全キャラが愛しい。

一回の投稿が数ページ分と短いので、まとめて読むとどうしても話が途切れ途切れの印象になりますがお話全体はつながっていて、最小限の表現で読み手の頭の中に人間模様がぶわーと広がっていくのがなんというかすごい。数コマしか出ないキャラのバックボーンとか伝わってきて。

山本白湯さん、思い切って行間を読ませてくれるところが男前だなと思う…。話の骨格こんな無駄なく描けちゃうのめちゃ格好いいし、読み手を信頼してくれてありがとうという気持ち。
もし私がおもろい話を思いついたら、勿体ぶってしがんでしがんで説教とかたくさん仕込んでやろうと思っちゃうだろうな〜(そして話を殺す

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2021年4月17日
読了日 : 2021年4月17日
本棚登録日 : 2021年4月17日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする