充たされざる者 (ハヤカワepi文庫)

3.62
  • (24)
  • (46)
  • (42)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 562
レビュー : 54
制作 : 古賀林 幸 
へ〜たさん 小説   読み終わった 

カズオ・イシグロ『忘れられた巨人』が面白いと話題なので読んでみようかと思ったのだが、そう言えば『充たされざる者』が未読だったのを思い出して、読んでみた。

時間も空間も歪んだ世界で、登場人物は何重にも重なり、悪夢のような(というか悪夢そのものの)不条理が延々と続くが、個々のエピソードが魅力的でグイグイと読ませる。大きな話の筋は世界的ピアニストのライダーが「町の命運は音楽藝術の解釈次第にかかっている」と信じられている町に招かれて演奏と講演を行うというストーリー。その枝葉として、やがて彼の義父であることが明らかになるポーターのグスタフとその娘ゾフィーとの不条理な関係、その関係と相似する名指揮者グロツキーとその元妻コリンズの関係、その関係と反比例する平凡な(しかし自己欺瞞の権化のような)ホテル支配人ハフマンとその婦人との関係、ライダーの幼少期と重なるゾフィーの息子ボリス、ライダーの青年期と重なるハフマンの息子シュテファンなどが描かれる。場面転換のたびに「あー、そちらに気を取られて本線を外れてはいけない」と思いながらも、話は枝葉から枝葉へと迷い込んでいく。

長らくカズオ・イシグロで一番好きだったのは『わたしたちが孤児だったころ』だったのだが、『充たされざる者』はそれを上回るかもしれない。願わくば原著で再読してみたいところだが、長いからなぁ…。

レビュー投稿日
2016年11月13日
読了日
2016年11月13日
本棚登録日
2016年11月13日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『充たされざる者 (ハヤカワepi文庫)』のレビューをもっとみる

『充たされざる者 (ハヤカワepi文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『充たされざる者 (ハヤカワepi文庫)』にへ〜たさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする