哀れなるものたち (ハヤカワepi ブック・プラネット)

  • 早川書房 (2008年1月26日発売)
3.65
  • (9)
  • (17)
  • (20)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 152
感想 : 17
4

裏ページの紹介文にある「ポストモダン的技法によるゴシック奇譚」というのが、この本の印象を最も端的に現わした一文だろう。序文、本文、本文中に引用される手紙、別に記された書簡、最後は脚注までがストーリーの一部となるといった入り組んだ構造を駆使して、現代風のフランケンシュタイン奇譚を描き出す。

若干、ベラ、フッカー、アストレーの政治談議が中弛みしている印象はあるものの、全体的には読ませる。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 小説
感想投稿日 : 2017年3月11日
読了日 : 2017年3月11日
本棚登録日 : 2017年3月11日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする