希望の国のエクソダス (文春文庫)

3.58
  • (272)
  • (396)
  • (719)
  • (56)
  • (17)
本棚登録 : 3249
レビュー : 364
著者 :
henahena1さん 文庫   読み終わった 

 舞台は2002年の日本。2001年に日本を捨ててパキスタンに行った少年の報道を背景に、多くの中学生が学校を捨て、ほとんど授業が成立しなくなった中で、中学生たちがネットビジネスを立ち上げ、やがてはそれが日本や世界を動かしていく、という近未来の話。いわゆる「優秀な現代の若者」を、その感覚を理解しようとしつつも、完全には理解できない「凡人」である主人公が冷静に見つめるという構図で描かれている。
 経済とか金融の話が半分以上を占めていて、おれには難しかった。この小説自体はミレニアムより前に執筆されたものだが、もはやどこまでがノンフィクションでどこからがフィクションなのかすら、よく分からなくなってくる。おれは仕事が仕事なだけに、日々中学生と接しているので、なんか腹が立ってくる小説だった。生意気な中学生がイヤ、というのではなくて、その生意気の描かれ方が気持ち悪くてイヤ、という意味で。「なかったす」とか「そうっすか」、「コミュニケーションできません」みたいな喋り方が何とも気持ち悪い。そして、凡人である主人公の凡人さに共感してしまうあたり、いかに読んでいるおれが凡人であるかが分かるというのが面白い。「子どものくせにわかったようなことを言うんじゃない。誰のおかげでここまで大きくなったと思っているんだ。大人の世界には大人にしかわからないことがあるんだ。そういう表現は、わかりやすく翻訳するとすべて『うるさい、黙れ』ということになる。」(p.157)なんて、言いえて妙だ。あとは「自主性のある子どもを育てる」というのが定義矛盾、という発想も面白い。「子どもは自主性に欠けるから子どもなんです。経済的に自立していない人間が自主性を持てるわけがないんです。そもそもあらゆる学校は子どもをスポイルするものなんです。」(p.192)だそうだ。あとはインターネットをレファレンスすることの恐ろしさというものを改めて感じる。「相互にニュース記事を掲載し合うサイトやメールマガジンは世界中に何万もある。」(p.344)ということで、結局はデマの発信源すら曖昧で特定できなくなるという話がリアルだった。(16/09/02)

レビュー投稿日
2016年9月4日
読了日
2016年9月4日
本棚登録日
2016年9月4日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『希望の国のエクソダス (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『希望の国のエクソダス (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする