絵のある自伝

3.73
  • (14)
  • (27)
  • (21)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 198
レビュー : 36
著者 :
午後のカッパさん 自叙伝   読み終わった 

個人的には「トリックアート」の印象が強いのですが、文筆家・画家さんが本業、というべきなのでしょうか。
よくある「時系列に整然と」書き連ねられたものではなく、1つの関心事は一通り触れて、また時代は戻って、みたいな書き方に最初は少し戸惑いましたが、本来はこちらの方が自然だよな...と感じさせます。
題名の通り、随所に絵があり、思い出とリンクしています。
妻が購入した本だったので余り強い関心なく読み進めましたが、自然と読み進めることが出来てしまう。 作者の技量と人柄によるものでしょうか。
安野さんファンにならば、文句なくお勧めします。

レビュー投稿日
2015年5月16日
読了日
2015年5月16日
本棚登録日
2015年5月16日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『絵のある自伝』のレビューをもっとみる

『絵のある自伝』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『絵のある自伝』に午後のカッパさんがつけたタグ

ツイートする