Gone with the Wind

著者 :
  • Pan Books (1996年8月9日発売)
4.36
  • (7)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
感想 : 3
5

3年前から英語の本に挑戦している。Gone with The Wind はとても好きなお話で、日本語で読み、映画を観て、そして最後に英語で読むことを決めた。時間がかかったけれど、今なんとも言えない達成感に満たされている。

メラニーが亡くなった後のスカーレットとレットの会話には深く感動した。レットがどんなに深く彼女を愛していたか、そして彼女がそれに気づかず、ひたすらアシュレイを思い続けていたことにどれほど嫉妬をしたか・・できれば二人が幸せになって欲しかった。

スカーレットに残された尊厳がそれ以上レットを留めることをせず、彼女自身を立ち直らせるのに役立った。愛し合っていたのに悲劇的な終りを迎えてしまったけれど、二人のことはとても好きだった。レットは必ずまた彼女のもとに帰ってくるように思える。

この本の主な登場人物の性格の描写がとてもわかりやすくて好きだった。

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2012年10月8日
本棚登録日 : 2012年10月8日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする