告白 (角川文庫)

  • 角川書店 (2006年9月22日発売)
3.76
  • (4)
  • (11)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 72
感想 : 5

ひとみさんがジェンキンスさんの部屋で一緒に暮らすように連れてこられてから、彼はひとみさんが自分から彼に心を許すまで何もしなかった。彼は紳士だった。
北朝鮮での生活の様子が書かれていて、いかに経済的に困っているかがわかる。特に電気が毎日続けてきているわけでなく、冷蔵庫に入れても停電するので大変な思いをしていたと言っている。とても寒いのだけれど、それもまた食料を保つためにはプラスであったという。また、いつも指導員の監視を受けていた。食料も不足していて多くの国民が餓死しているという。家族が日本に来て生活できたことは幸いだと思う。いろいろな国があるが、日本に生まれ育ったことの幸せに感謝する。

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2014年8月1日
本棚登録日 : 2014年8月1日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする