カッコウの卵は誰のもの

3.25
  • (128)
  • (588)
  • (1095)
  • (242)
  • (41)
本棚登録 : 5147
レビュー : 760
著者 :
heresinceさん  未設定  未設定

緋田の奥さんは結局自殺するほどの悪いことはしていなかった。ただ風美が友人の子であり託されたというだけだった。友人のしたことの罪をだれにも話すことができず、結局は共犯者になってしまい、それを背負いきれなくなり自殺した。
真相がわかるまでは早く先を知りたいと思い読んでいた。でも鳥越が手を下したという真相は少し無理があるように感じた。ワクワクしていたが真相がわかった時少しがっかりした。それでも久しぶりにこの作家の本を読んで面白かった。

レビュー投稿日
2017年8月28日
本棚登録日
2017年8月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『カッコウの卵は誰のもの』のレビューをもっとみる

『カッコウの卵は誰のもの』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする