ダブル・ジョーカー (角川文庫)

3.90
  • (281)
  • (581)
  • (331)
  • (34)
  • (1)
本棚登録 : 3185
レビュー : 363
著者 :
hetarebooksさん 騙し合い。   読み終わった 

太平洋軍司令部に勤務する元陸軍将校が、交際相手の中国人留学生に核兵器に関する機密を漏らしたらしい。所謂ハニートラップ。32歳下の美女によほど惚れ込んでいたのだろうか。

ハニートラップなら楽しんだ時間はあるだろうが、こちらに登場するスパイは怖い…。D機関は「死ぬな、殺すな」の教えを部下に叩き込み、相手の裏をかいて暗躍する。どちらかと言えば男性読者に好まれそうなお話である。実際、結城の格好良さには痺れる。

ハニーどころか謂れのない悪意に陥れられ、仲間は敵陣に特攻隊として派遣されることになり…虎の威を借る狐の作戦に不安ばかりの日々。フィクションならいいが、実際身に降りかかると胃痛のタネだ。

だからって思い通りになんか、なってやるもんか。

レビュー投稿日
2013年3月22日
読了日
2013年3月22日
本棚登録日
2013年3月22日
6
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ダブル・ジョーカー (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『ダブル・ジョーカー (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ダブル・ジョーカー (角川文庫)』にhetarebooksさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする