魔女の宅急便 3キキともうひとりの魔女 (角川文庫)

3.83
  • (41)
  • (70)
  • (71)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 721
レビュー : 61
著者 :
hetarebooksさん しょっぱい青春。   読み終わった 

キキ、16歳。突然現れたケケ(12歳)にかき乱され、宅急便のお仕事やグーチョキパン屋さんでの暮らし、ジジやとんぼさんとの関係にじりじり、ピリピリ。

自分らしさを見失い、不安や疑いの心でいっぱいになり、ケケへの嫉妬で押しつぶしされそうになるキキ。ジジが言うように、「特別」というのはつまり、自分をちゃんとつかまえられるかってことなのかもしれません。

レビュー投稿日
2013年12月29日
読了日
2013年12月29日
本棚登録日
2013年12月29日
6
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『魔女の宅急便 3キキともうひとりの魔女...』のレビューをもっとみる

『魔女の宅急便 3キキともうひとりの魔女 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『魔女の宅急便 3キキともうひとりの魔女 (角川文庫)』にhetarebooksさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする