女たちは二度遊ぶ (角川文庫)

2.95
  • (34)
  • (118)
  • (318)
  • (127)
  • (44)
本棚登録 : 1704
レビュー : 256
著者 :
hetarebooksさん 女心と秋の空。   読み終わった 

BeeTVのCMで見て気になってたもの。キャッチフレーズは「愛されるより、忘れられない女になる」。『悪人』『パレード』も面白かった吉田修一氏の作品だけどこれは気だるい男女関係のお話が中心。味わいビター。

あんな女がいた、こんな女もいた・・・という回想形式の展開ですが、主人公のダメ男感が。。。
女子トークでは「歴代彼氏の回想&理想の恋愛&今気になっているNEW MEN」の話題が鉄板ですが、男性もこんな思い出話とかするんかなぁ。

あまり恋愛経験豊富とは言えない私だけど、片想いやなんやかんや含めるとそれなりに色んな出会いはあったわけで。彼らにとって自分はどんな思い出になっているんだろうか。

できれば微笑ましい思い出になっていたいものです。

レビュー投稿日
2012年12月28日
読了日
2012年12月28日
本棚登録日
2012年12月28日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『女たちは二度遊ぶ (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『女たちは二度遊ぶ (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『女たちは二度遊ぶ (角川文庫)』にhetarebooksさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする