ペンギン・ハイウェイ

3.89
  • (895)
  • (1110)
  • (783)
  • (168)
  • (36)
本棚登録 : 7843
レビュー : 1263
著者 :
制作 : くまおり 純 
hetarebooksさん 夢か現か。   読み終わった 

理屈っぽくて生意気なんだけれど、本人はいたって真面目。そんなアオヤマくん(小4)が出会った不思議な出来事。

住宅街に突如現れるペンギン、
シロナガスクジラ、ジャバウォック。

森の中の〈海〉をめぐるハマモトさん、ウチダくんとの研究。歯科医院のお姉さんのおっぱい。スズキくんの不器用なラブアピール。

男の子はいつから男になるのかなぁ。小癪なくらい口が立つくせに、おっぱいだけで日々を平和に過ごせるアオヤマくんが可愛い。おっぱいって偉大なんだな。せいぜい大切にしましょう。

ところで何回おっぱいが登場したのかしら…(「恋文の技術」と言い、「夜は短し〜」と言い、森見氏はおっぱい病確定…)

レビュー投稿日
2013年6月23日
読了日
2013年6月23日
本棚登録日
2013年6月23日
8
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ペンギン・ハイウェイ』のレビューをもっとみる

『ペンギン・ハイウェイ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ペンギン・ハイウェイ』にhetarebooksさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする