冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)

3.86
  • (922)
  • (1241)
  • (1018)
  • (147)
  • (30)
本棚登録 : 8648
レビュー : 923
著者 :
hetarebooksさん 夢か現か。   読み終わった 

ヒロインに自分の名を冠している点、そのヒロインが周りから絶えず気遣われ庇護されている点、ヒロインがすべての原因を引き起こしている点、、、

色々総括して「気持ち悪い」印象。自己陶酔というかナルシシズムがだだ漏れすぎて、、、胸焼けしそう。おかげで著者お得意の名前遊びや伏線の回収にまで難を付けたくなるような。。

自分で自分の名を連呼するしゃべり方(梨香)や、男性のようなしゃべり方(景子)にも馴染みがないせいか、登場人物らに好感を持ちにくい。。

名刺代わりに、、、と書かれているが、名刺にされるのなら「メジャースプーン」や「スロウハイツ」「名前探しの放課後」の方がいいんじゃないかな。本作はデビュー作なのでまだまだ青臭い印象。

レビュー投稿日
2014年9月30日
読了日
2014年9月30日
本棚登録日
2014年9月26日
7
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文...』のレビューをもっとみる

『冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする