獣の奏者 2王獣編 (講談社文庫)

4.47
  • (1137)
  • (658)
  • (186)
  • (5)
  • (5)
本棚登録 : 5031
レビュー : 491
著者 :
hetarebooksさん 憧れの・・・!   読み終わった 

「王獣編」。王獣に魅せられたエリンは彼らのそばで働けるようカザルム学舎に入学し、エサルにその力を買われて幼獣リランの世話を任される。

人に慣れない闘蛇や王獣を音無し笛で操り、特慈水を与えて管理することに疑問を感じたエリンは、危険を承知でそれらを用いずにリランを育て上げるのだが…

争いを嫌う真王を神と崇め守るために穢れた闘蛇を操り、武力をつけたはずの大公、だが次第にその関係は歪み…王獣と心を通わせてしまったエリンはその政治的な争いにも巻き込まれていく…

それなりの頁数があるにも関わらず一気に読まされてしまいます。3.4巻図書館にあるかしら…

レビュー投稿日
2013年7月6日
読了日
2013年7月6日
本棚登録日
2013年7月6日
8
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『獣の奏者 2王獣編 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『獣の奏者 2王獣編 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『獣の奏者 2王獣編 (講談社文庫)』にhetarebooksさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする