何者

3.86
  • (803)
  • (1358)
  • (738)
  • (173)
  • (48)
本棚登録 : 7973
レビュー : 1443
著者 :
hetarebooksさん イタい。   読み終わった 

私が就活していた頃はmixi全盛期で、今ほどTwitterやFacebookは一般的でなかったように思う。関関同立、バブル期には企業の方が学生に媚びていたようだが、早稲田や慶應ほどブランド力がある訳ではなく、大規模サークルなどにも属していない身分ではOG訪問も気安くはなく、それなりに苦労した。

何かに打ち込んできたと胸を張って言えるような経験もなく、両親の庇護のもと、ゆるゆると育ってきたことばかりが痛感され、正解の見えない就活に日々気持ちが磨耗していった。

何度か転職活動も経験しているが、あの頃の就活ほど辛くはなかった。思うに就活の辛さは、同じ地点で肩を並べていた友人たちから取り残される焦りと、社会に受け入れられないかもしれないという不安が多くを占める。ひとつ内定をもらって初めて冷静になれた記憶もある。

人間の自己顕示欲は様々で、実際以上にリア充ぶってしまう人もいれば、かまってちゃんやだめっこアピールや「他人とは違う」自分に酔う人もいる訳で。Twitterには如実にそれが現れてしまうのかな。

理香や隆良、拓人をイタいと感じながら、自分の中にも彼らと似た部分があるイタさ。

ところで医学生には所謂「就活」にあたる、マッチングという制度があるのだが、2~10(10はかなり多いレベル)の病院から研修先が決定する。大学3年から50社以上、就職氷河期であれば100社以上もエントリーし、内定を得るまで模索する一般学生に比べたらなんとも効率的。

レビュー投稿日
2014年9月5日
読了日
2014年9月5日
本棚登録日
2014年8月13日
15
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『何者』のレビューをもっとみる

『何者』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする